« スーパーカブが欲しかったんですけど・・ | ホーム | バンバン125の思い出 »

2015年2月16日

新聞配達はカブでしょう

7,8年前、某中央紙を配達していました。スーパーカブは毎日キビキビ走ってくれ、頼りになる相棒でした。小回りは効くし、燃費はいいし、加速は悪いけどウィリーしたりしないので配達業務には最適の原付です。でも、なんといっても二輪ですから、凍結路面には弱い。毎日配達していると、だいたいの凍結路面には慣れて転ばなくなるものですが、ある時、スケートリンクよりもツルツルな路面になった日がありました。いつも4車線の道路をしばらく走って、配達区域に向かうのですが、その4車線の道路がもう氷屋さんが作った氷のような状態。案の定こけました。こけただけならいいのですが、荷台に積んであった新聞がすべて路面にばらまかれるという事態に。新聞すらも氷の上を滑って拡散していきます。集めなければ、と立ち上ったその時、後続の車は新聞をよけきれず踏み潰していくのでした。次々とくる車に踏まれ続けている新聞。カラカラと音を立てているカブの車輪。立ち尽くすわたし。今も思い出すと心がきゅー、とします。つらかった。

 あとはパンクとガス欠もつらかったなあ。事務所に電話をかけても誰も出ず。配達はまだ途中。とにかく押して帰ろうとしましたが重い。営業所までは5キロはあるし。あれも泣きそうになりました。なんだかつらい思い出ばかりが残るもんですね。とほほ。
自動車保険 相場 | あなた払い過ぎてます。自動車保険の相場表

このブログ記事について

このページは、samugoroが2015年2月16日 15:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スーパーカブが欲しかったんですけど・・」です。

次のブログ記事は「バンバン125の思い出」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。