« どこでも一緒に行ける大事な相棒 | ホーム | スーパーカブが欲しかったんですけど・・ »

2015年2月 7日

車の流れに入ろうとしたら

いつものようにバイクで職場に通勤しようとした時の事です。やっと念願だった自動二輪の免許を取得し、手に入れたバイクです。職場には徒歩5分で着くのですが、バイクに乗りたいことと、みんなに見せたいという理由から、バイクで通勤していました。家を出て車の流れに入り、線路の上を通りかかろうとした時、突進してきたタクシーにぶつかり、線路のレールを3メートルほど滑って転びました。一瞬何が起こったか分からず、ボーと寝ころんだままでしたが、大量の人が集まってきたため、慌てて起き上がりました。動かなかった私が死んだと思って、人が集まったようでした。起き上がった瞬間、「おー。」という歓声が上がりました。ぶつかったタクシーの運転手も「大丈夫?よかった。」とホッとしているようでした。タクシーとバイクはタイヤの接触だったのか、どちらもかすり傷程度で大きな故障はありませんでした。「痛いところはないか。」とか聞かれましたが、人だかりで恥ずかしさで早く立ち去りたいという思いで、「ないです。」と答え、その場を立ち去りました。職場についてホッとしたのか、今までは全く痛くなかったのに、急に全身が痛くなりました。見るといたるところに青たんができていました。このくらいで済んで良かったです。もっとバイクの運転には慎重になろうと思いました。

このブログ記事について

このページは、samugoroが2015年2月 7日 00:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どこでも一緒に行ける大事な相棒」です。

次のブログ記事は「スーパーカブが欲しかったんですけど・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。