« 親にばれて1年間音信不通 | ホーム | 車の流れに入ろうとしたら »

2015年2月 7日

どこでも一緒に行ける大事な相棒

私が単車を使い始めた時は本当に世界が広がったと感じています。

今まで徒歩、自転車でしか行動できなかったところが行けるようになったためです。

最初乗ってみようと思って行った初めての単車の旅は徒歩5分のところで「事故したらどうしよう」と考え緊張して終わってしまいました。

しかし今は1時間くらいでも乗っていけるようになりました。



私の近所は海が近く大きな橋も見え、天気が良ければ島も見えるのでひとり旅のお気に入りのコースになっています。

夏は特に風があたって気持ちよく、単車っていいなあって改めて感じることが多いのです。



残念ながら私にはバイク友達はいません。

が、友人の結婚式の時に自宅から単車に乗っていくと「すごいね~」「かっこいい」と褒められたのはとても嬉しかったです。

どうやら最初私がバイクに乗る前に抱いていた「怖い」という気持ちが知り合いにはあったようで、ふつうに乗っている私が素晴らしく見えたそうです。

私の愛車も「黒いからかっこいい」「いいの乗ってるね」と言われて、相棒を褒められているようで嬉しかったです。



私はバイクが好きです。なのでよほどのことがない限り手軽で便利でどこでもいける相棒を手放すことはないと思います。

そしてこれからもいろいろなところに一緒に行きたいと思います。





このブログ記事について

このページは、samugoroが2015年2月 7日 00:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「親にばれて1年間音信不通」です。

次のブログ記事は「車の流れに入ろうとしたら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。